建築条件付きの不動産物件購入での注意点

不動産物件の形態はいろいろです。新築と中古では注意すべき点や購入方法が違いますし、新築の中でも建売、建築条件付き、注文住宅、マンションといった種類があります。注文住宅は、条件の良い更地を手に入れなければならないという問題があるため、結果的に建築条件付きの不動産物件を購入する人も多いでしょう。 建築条件付きとは、土地だけを購入するものの、3か月以内に指定された建築業者と請負契約を結んで建物の建築を始めなければならない、という条件がついている物件です。とりあえず土地だけを先に手に入れて、建物のプランはゆっくりと練りたい、という人には向いていません。しかし条件の良い土地が複数分譲されることが多いこの不動産物件は、理想のマイホームを手に入れる近道ともいえます。 ただ問題は、あまりにもこだわりがある建物で細かく注文を出すと、建築業者がNGを出す可能性があります。基本プランができており、仕様変更をするとどんどん割高になっていくこともあります。このように完成前に売り出される建売住宅との違いが分からなくなってきている物件もあるため、建物の自由度は必ず確認しておくことをお勧めします。建築業者を選べない、ということは、契約する建築業者が建てられる建物でなければならない、ということです。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の売却の仕方について.